昨年の今頃は

昨年の今頃は「薔薇よ」と格闘していた。

思いも寄らないご依頼とご期待。自身の未熟さを思い知りつつ、ただ無我夢中だった。

寝ても覚めても仕事中も…

閉店後の店の灯りを落とし、ギターを抱える。そのまま歌詞を読み返す。何度も何度も何度も…

溢れ落ちた音は間違っていなかった。と、劇中に流れたとき漸く思えた。

そして、自身の中で何かが大きく動き出したとき。

この季節が来るたび「薔薇」を思い出すのだろう。

 

去年と今年、「薔薇よ」はどう変わっているのだろう。少しは成長しているのだろうか?

そして、苦手な恋うたを照れずに歌えるようになっているのだろうか?

この季節が来るたび「薔薇よ」を思い出すのだろう。

 

薔薇よ。

薔薇よ。

 

 

あっ!ここまで書いて「薔薇よ」は歌詞も何もUPしてないことに気づいて、ってことは知らない人には何のことやらわかりませんよね。失礼いたしました。

「演劇集団アクト青山 薔薇」で検索して下さい。何か出て来るかも(o^^o)